プリ時代の最後に。

あと20分くらい?

名央もいよいよですよ。明日の夜にはきっと、懐かしいノビ姿、アコ姿に還っているんじゃないかなと思います。もう二度と見られないプリ姿。これで見納めですね。



ムチャしてすみません。
Base99からの「オーラロード」は、ソロにPTにとても充実したものでした。これから名央での高難度Dはしばらくお預けになります。そう思うと少し寂しくもあり、一方で懐かしい初中級狩場に出かけるのが楽しみでもあったり。



TUもしばらくお預け。
プリ時代の最後にTU10でSD4Fへ行ってきました。効率はBase1.1M/h~1.4M/h、Job750k/h~1.1M/h。確かにTU10までくると成功率の高さを感じますが、それでも運の悪いときは失敗続き。
 「クリプリ」として歩むのなら、高LvTUは不要かなぁ、今はそう感じています。


短い間でしたがプリを体験してみて、改めて想定するハイプリとして名央のステ・スキルと装備をぺたり

 ・Base97/Job66:Str80+20、Agi60+27、Vit40+6、Int21+24、Dex40+21、Luk60+34
  ・MHP8222/MSP1568/Def32/HIT158/Flee214
  ・Cri92.2/ASPD167.96/SPR29/Lv10ヒール1713
  ・+5[DC]大百科、+7バックラー、ブローチ[オブカウンター]×2
  ・+4とんがり(黄)、+4[属性]ブリーフ、+4[ウィスパー]ランニング、+7[マーター]シューズ

 ・ブレス10、IA10、ヒール10、ニュマ、(エンゼ2、アクア1、DB3)→Job50
  ・マニピ3、アスム3、メディタ10→Job33
  ・SW10、LA、グロ3→Job55
  ・TU1、サンク7→Job62

一番の課題は、sブリーフとsランニングが前提であること。あとはAgiとDexが実際にどれくらい欲しくなるかは分かりません。
 とりあえず転生したら、最低限必要なStr60-Agi60-Luk60を目指して、ハイアコ時代を終えると思います。



最後に自分用に記念写真。この角度が唯一許せる。




 ■

オーラプリの間に頂いた声援を、残っている範囲で追記にて。紹介できなかった方、すみません。
スポンサーサイト

続きを読む »

プリ時代、最後の挑戦

名物らくだ。
使った緑ハーブは120枚でした。パッチで出やすくなったとはいえ、これは幸運でしょう。

っということで、名央でも名無し島関連のクエストをやってきました。クエストは順調に。トール突入でも二回しか死ななかったし。1回目はインプのFBlで6kダメ、2回目は剣ガディのSpBで11kダメ。いずれもsketchでは耐えられたんですけどね、名央は一撃でした。


 ■ 名無しD1F

さて、クエストを終えた後は、早速名無しDへ行ってきました。


吐くな、こら。
まずは入ってすぐにグールの歓待。入り口、たまり易そうに見えます。だけど、これはひどい、ナンセンス。この後も、1Fではグールが邪魔でした。


さて、グールはおいておいて。1Fでのステと装備はこちら()。武器はオットーチェインにアスペ、あとは闇服にカリツ盾、肩は木琴です。
 被ダメは800~1000といったところ。
1Fのメインはバンシー。装備もバンシー用になっています。そのバンシー相手には、闇ブレス→LDをしたら、後はひたすら殴る。オットーチェイン装備の上、グロリアを混ぜるとかなりクリティカルが出て、楽しめます。あぁそうそう、闇ブレスはここでは3にしています。この辺は適当でしたが、交戦時間を考えてかけた方がいいでしょう。
 バンシー単体ですが、カリツ盾装備でも1k程度被弾するので、かなり痛いです。ただ、LDをかけておけば即死級ということはないので、なんとか処理できます。時間はかかりますが。横湧きが続いて連戦となるとSPもきつく。いざというときのハエと回復剤は必携でしょう。あと、バンシーが重なると闇ブレスやLDが難しくなり、途端に難度があがる印象でした。

 かなり座り回復を挟んでの狩りになりましたが、Base780k/h、Job540k/hほどでていました。


 ■ 名無しD2F

2Fはうってかわって、ラギッドとスローターがメインになります。あとはたまのスカル。装備も狩場にあわせて、こちら()のように大幅換装。武器は変わらずオットー+アスペ。防具をムナック帽、イミュン、それにハードセイントと、現状で可能な限り一撃に備えた防具になっています。見た目を気にしたら負けです。実際ムナック無しでは死にました。
成仏なさい!!
2FではとにかくTUが大活躍。もはやクリプリの振りをしたTUプリ。TUの成否が全て。もちろんクリプリなので、合い間にはガシガシ殴りますが。
 ここでの狩りは確率(TU成功率)との勝負でもあり、同時にディレイとの勝負でもあります。ひたすらTU→殴りのくり返しなのですが、ディレイがもどかしい。被弾すれば痛いことに変わりなく、ヒールしたいもTUのディレイに邪魔されるのはざら。横湧きへの闇ブレスが遅れたりも。ちなみに、闇ブレスすればラギッドは避けられるのでニュマは使っていません。
 今回、鈍器GXでなく、オットーチェインにしたのはイミュンで足らなくなったFleeと、Hitのため。それにフレイムスカルにはオットーが良さそうだったからです。当然ながら、ネクロマンサーとヒバム神官には手を出していません。

この2FではTU多用の狩りで、やはりSPが足らずに座ることしばしば。それでも、Base1.3M/h、Job910k/hと、名央としてはSD4Fに負けず劣らぬ効率を記録していました。
 そうそう、この時のTULvは9です。あと、一応、スローターのSBにも耐えられました(被弾は313×8~427×8)。1時間の狩りでたぶん4回くらいSB被弾しました。スタンしたら、、、知らないです。


 思っていたより楽しく、クリティカルとTUが同時に楽しめるのは、はまりそうです。もっとも、デスペナがあったら怖くてこれませんし、金銭的に寂しそう。。。。

補習授業

TUのすごさを感じる瞬間。

一発KO率40%くらい。
横湧きのデュラハンを一発KO。こんなことがあると、高LvTUが欲しくなります。今、TU8ですが、かなり成功率が高くなったのを感じます。
 とはいえ、名央の求めるのは狩場の広さ。それに対して、TUの局所的な強さは食べあわせが良くなくて。うーん、ハイプリになったらいくつ取得するか迷います。


泣いたって、奪い取る。
それはさておき、この通り、名央はギョル渓谷に来ています。アコ時代に揃わなかった黒猫の人形を集めにロリルリから補習授業。
 ついでに効率の方も計ってみました。武器はTHd+アスペ。マーダー交戦時にはグロリア、デュラハンには適当にTUを入れつつ。それでBase850k/h、Job430k/hといったところ。SD4Fを抜かせばたぶんトップクラスでしょうね。ギョルはBaseが良いって思ってたんですが、案外jobも悪くなかった印象です。



無事に黒猫の人形も集まって、垂れ猫も作成できたのですが、、、オーラのエフェクトが欠けて見えるのはPCスペックのせいです。
なんかこれ、イメージが、、、。名央じゃないみたい。


さて、これでblog更新もしたし。今日はちょっとがんばって。転生に近づきたいと思ってます。あと、名無しクエも転生前に済ましておきたい。よーっし!

TU5の効果

アヌビス+他2匹がデッドライン
やっぱり殴りプリのソロにはキツイ、SD4F。真っ向から挑みすぎですかね。


TUが5になって、Baseだけ改めて計ってみました。
一応若干増えたかもしれないBase1.05M~1.3M/h、増えたと思いたいだけかもしれない、誤差範囲な感じ。


手当たり次第殴る凶暴な名央のスタイルの場合。
ミノ・パサナが主食で、たまのおやつがアヌビスといった感じ。アヌビス相手にTUの確率が多少上がっても、そこまで変わらないみたい。

もちろん、これは名央の場合。積極的にTUを狙っていくなら違うでしょうね。

リベンジ

名央のアコ時代、因縁の敵。

ただいま、TU5
ヒェグン。変な名前。でも眼光のするどいクールなヤツ。
アコの頃、こいつのソニックブローに耐えられなくて。プリになって仕返しです。

もう、SBなんて怖くない!!って試すつもりが、GXで殴ってたらどんどん倒せて、TUも必要ないくらい。結局SBもらわなかったけど、復讐成功。


っということで、龍之城D3Fに行ってきました。本当は「白羊宮」っていうらしいけど、そんなことどうでもいいよね。
 持っていったのは、3F用にはGXと土ソドメ。あと1Fを通るのに火スタナーと大百科。これだけ持ち込むと重いです。


LD失敗したまま、殴ってしまった(よくあること
龍之城D3Fに来たら、やっぱり目玉はチュンイー。見た目もですが、カードにシニョンにレアが嬉しいです。ただ、スキルが厄介なので、LDするようにしてます。
 LDには助けられています。ここの敵は一回殴るまで一部のスキルを使ってこないようで、LDがあるとすっごい楽になります。

猫眼石1個→風の矢200本
そして、嬉しいのがミョグェの落すスイカ、じゃなかった猫眼石。貴重な風矢の材料になります。ただ、ビミョーにドロップ率が低くて(20%らしい)、まとまった数集めるのは大変そうです。
 このミョグェもLDがあると楽チンですね。


前に名央がここに来たときはsブーツ目当てでしたが、今はチュンイーが人気でしょうかね。でも、チュンイーは数少ないし、ワタシは猫眼石集め気分で来るのが健康的じゃないかなぁって思いました。