創造-三村家 3/3

四国を制圧する間に、意外にも武田が織田家を滅亡寸前にまで追い込んでいて、予定が変わってきました。ここからの戦略は二つに一つ。
 一案、武田家と全面戦争
 二案、武田家と同盟を結び、西日本を制圧。しかるのちに、武田家と全面戦争
全国統一を目指すのであれば、二案も悪くはないのですが、これまで同盟を維持してきた毛利を攻撃するのは、どこか義に反する気がする。できれば毛利との同盟を維持したい。そう思うと、一案、すなわち、武田家との全面戦争を挑むことにしました。


四国に派遣していた部隊を戻す間に、武田家は織田家の残った最後の本城・高屋城をも征圧し、織田の残すは有岡城ただひとつ。これをみすごしていたら、武田家に織田家の優秀な武将を獲られてしまいます。畿内を抑えられてただでさえ不利なのに、さらに織田家の武将を取られたら相当な差になってしまいます。
 っということで、ハイエナみたいで気が引けますが、急いで近場の城から有岡城へ部隊を派遣し、織田家の武将を獲得しました。



武田家との開戦直前

武田家との開戦前夜。このとき、兵力を見ると武田家41万に対し、三村家は14万。実に3倍の戦力差があります。果たしてこの三倍差の戦力を覆すことはできるのか?まずは畿内五国(丹波、摂津、河内、山城、大和)の征圧に向け、山陰は丹後から、山陽は姫路城から、そして四国の部隊は和泉・岸和田城から攻めあがります。時に1564年1月、三村家、天下統一に向けた天王山の戦いです。


畿内へ侵攻し、丹波はすぐに落ちますが、さすが武田との戦いとなると、敵の防衛もかなりの数、っというかこっちより一部隊一部隊の兵数が多く、なかなか攻略がすすみません。しかし、幸い本願寺と足利が傍観してくれているため、徐々に相手の援軍の途絶えた隙をついて、まずは高屋城、つづいて本願寺の石山を落とします。

畿内征圧戦

その後、再び来る援軍をできるかぎり挟撃で撃退しつつ、少しずつ支城を征圧、そして1566年12月、侵攻開始から3年の月日をかけ、畿内征圧を達成しました。



しかし、これで武田に火がついたか、あるいは、武田の本拠に近づいたせいか、これまで守勢にまわっていた武田家が反撃に打ってきます。こちらも負けじと防衛をしつつ、さらに近江、伊賀、伊勢へと侵攻を開始。当初は畿内が疲弊していたため、戦力的に五分なところもありましたが、次第にこちらの兵力が上回るようになり、1568年7月にはこれら畿内近辺の征圧にも成功。



畿内近辺征圧

しかし、この時点でも兵力をみると、武田50万に対し、三村家は30万と意外やまだ劣勢。しかも、気づけば西では毛利が島津におされ、中国地方への侵攻を許してしまっています。
 っということで、西の島津対策用に武将を再配備しつつ、東の濃尾平野へ攻め入ります。途中なぜか鳥羽にいた武田信玄を捕縛、そのまま処断してやりました。濃尾平野は意外と手薄。おそらく後方が薄くなったためでしょう、畿内でのの戦闘と比べると順調に征圧が進み、そして1571年4月、駿府城まで攻め入ったところで、征夷大将軍になりました。



ゲームクリアー

すでに武田の抵抗は散発的。後は時間さえかければ天下統一も無理なく可能とはおもいましたが、いかんせん東西両面への進行は直轄地からの派兵・補給に面倒があります。なので、ここは惣無事令を発令し、ゲームクリアーとしました。


今作は敵の侵攻速度が速く、手間取っていると急速に相手方の勢力が大きくなるのが印象的でした。あとは、プレイヤーの敵同士が同盟を結び、援軍を出し合うために思いのほか手間どる。今回は中級でしたので、それでもごり押しで征圧できましたが、上級になるとこのあたりは工夫(侵攻速度と外交)しないと、厳しいかもしれません。このあたりのゲームバランスは良くできているかなぁ、っと。
 次回は上級、そしてより畿内から遠くて難度のあがる東北の大名でプレイしようと思い、最上家をはじめています。気が向いたら、また、プレイ記録でも残そうかと。。。
スポンサーサイト

創造-三村家 2/3

初回プレイでいきなり毛利に滅ぼされたので、やり直しの三村家。



初期武将はこの四人だけ

ちなみに三村家の最初の武将はこの四人。家親はそこそこ軍事力が高めに設定してくれてる、ようにも思えますが、、、はっきりいって優秀とよべる武将はいません。。。
 気を取り直して再プレイ。今作は外交が大事なようで、外交を怠ると早々に滅ぼされる。ということで、再プレイでは庄為資に毛利との工作を任せて信頼度を上げ、同盟を結びました
 内政は軍師格の武将がまずは経済を上げましょう、などとアドバイスしてくれるのでそれに従いつつ、少しずつ軍備を整えます。戦国伝「領土拡大」が発生し、本城を2つ所有するよう指示が出ます。これが5年以内という期限付き。ということで、まずは5年以内に浦上家から本城を1つ奪うことが目標となります。

っということで、3年ほど内政をしてから、いよいよ浦上攻め開始。岡山城、長船城を順調に落としますが、相手方のほうが武将が優秀で結構しんどい。それでも下津井城をなんとか落とし、いよいよ備前の本城・天神山へ攻めあがりますが、、、耐久が高いく、なかなか落ちない。。そして、5年の期限切れ。戦国伝失敗・・・。
 悔しいので、岡山城攻めのところからリロードして、攻め手を変えてなんとか期限2ヶ月前の1556年3月に天神山城制圧に間に合いました。

そこからは新たに戦国伝「守護大名を倒せ」が発生。播磨国・赤松家を滅ぼすことが目標になります。播磨といえば、ちょうど今の大河ドラマかんべえの舞台。浦上を滅ぼした後、山陰・山名家を攻めようかと思っていましたが、せっかくなので、赤松を攻めることにしました。
 本城が2つになると、浦上家など周囲の小勢力に対しては優位になってきています。勢力を立て直して、1556年9月には浦上を滅亡に追い込み、そして、1557年には赤松を攻め滅ぼして、無事に戦国伝達成。武将でも浦上にいた宇喜多直家や、宇喜多の3家老とよばれる武将ら、さらには赤松家の家臣団も手に入れて中堅どころがそろってきます。水攻め(で攻められたこと)で有名な清水宗治もここで配下に入ります。



播磨制圧まで




その後、後回しにしていた山陰・尼子攻めは、頼んだわけでもなく毛利も攻め込むことで連携・競争となり、八幡城は毛利が取得し、三村家は鳥取城を取得したところで、尼子滅亡。できれば八幡もほしかったですが、尼子の家臣団が手に入ったことでよしとします。

尼子滅亡→四国侵攻



そして、1558年4月、プレイ開始から7年目で四国にいる三好へ攻撃開始。この時点で三村家兵力35,000、三好家19,000。本城を5つ抱えて圧倒的に優勢かと思いきや、これが思いのほか苦戦。三好-鈴木で同盟が結ばれていて、両者が援軍を出し合い、なかなか攻略できず、逆に御着城に攻め込まれるのを防衛にまわったりと、一回目の進軍は十河城(讃岐)にとどかずに撤退。相手方は島左近らの武将が優秀なうえ、鈴木家は鉄砲が豊富で思いのほか手ごわい、、。


その後、二度三度と讃岐、阿波に攻め入り、なんとか阿波国・勝瑞城を奪取したのは1561年1月。四国に攻め入ってから阿波攻略までに3年近くの時間がかかることとなりました。そのまま四国制圧に向けて長宗我部を討ってもよかったのですが、苦戦させられた三好・鈴木を先に滅ぼしにかかり、1561年のうちに、岸和田城、雑賀城を制圧して両家を滅亡、家臣団の取り込みに成功します。

年の明けた1562年1月、周囲の憂いを除いたところでいよいよ長宗我部攻め。相手には全国クラスでみても優秀な長宗我部元親がいます。土佐への道は山道なので、下手に戦力を消耗すると補充が大変。そこで、元親の部隊には直接手をださず、東土佐の岡豊城とその支城、また西土佐の中村御所とを交互に攻め、元親は援軍のために両者を行ったり来たりさせて無駄足をさせる隙にどんどん城を落としていきました。
 そうして多少、時間はかかりつつも1563年6月、無事に土佐を制圧し、長宗我部家を滅亡させることとなりました。



四国制圧(毛利領を除く

四国攻めを開始した1558年から考えると実に8年、とくに三好-鈴木にはかなりてこずりました。そして、周囲を見ると、なんと武田家が急速に織田家へ侵攻し、畿内の旧織田領は武田家がほぼ制圧。織田家は滅亡寸前というまさかの展開。四国にかかりっきりなうちに、すっかり武田の拡大を許してしまっていました。
 反省するなら四国制圧に、とくに三好-鈴木連合にてこずりすぎました。どちらか片方と同盟を結んで援軍を制限させるべきだったとは後の後悔。ただ一方で、岸和田・雑賀と畿内の足がかりを確保しておいたのは、後に使えそう、、、もうすこし余裕があれば、四国攻めの一方で、劣勢の織田の領地もあわせて削っておけば後で楽だったとも思うのですが。

創造-三村家

最近、信長の野望・創造をやってます。なんとなく久しぶりに戦争シミュレーションをやりたいなと思っていたら、ちょうど最近信長シリーズの最新作が出たことを知ったので。せっかくだからやってみるかと。


俯瞰
創造は、1枚マップが特徴で、内政も戦争もこの俯瞰視線のマップでやるとのこと。実際にプレイすると、この俯瞰視線というのがキーなんだなぁ、っと思います。これまでの信長(といっても私がやったことあるのはずいぶん昔ですが)と違って内政や戦争で細かくいじることが少ないです。このちょっと高い視線から内政の指示をおおざっぱにだしたり、戦争では部隊にこのルートで進軍せよ、っと命じるだけ。かつてのヘックス画面に移って戦争というのはありません。
 細かくいじるのが楽しい、箱庭が楽しい、戦争でやりくりするのが楽しい、っという人にはウケが悪いようですが、私はこれはこれで、軍団に指示している感覚が面白く、結構はまってますw




渋い!!

さて、ファーストプレイでは、今回はシナリオ1、中級で三村家(備中国)を選びました。渋い!!誰それ!!
 三村家は備中の大名で、頭首三村家親の時には毛利とよしみを通じながら勢力を拡大、備前、美作(どこそれ)にまで勢力を拡大していくも、備前・浦上家の宇喜多直家に暗殺され、以降衰退していく家、のようです。もちろん後から知りました。
 特別三村家に印象があったわけではないのですが、今回三村家を選んだのは、難度がある程度高そうで楽しそうだったから。まぁ、以前信長の野望はよくやったし。何回もプレイするのも飽きそうだし。最初から手ごろな難度の大名でやるか、っと思い、三村家を選びました。
 これも後で知ったのですが、創造は最近の信長シリーズでは難度が高め設定で、有志による難度評価を見ると、三村家は☆5段階評価で☆4つの難関大名でしたw 中級にしといてよかった。


 さて始まると、三村家は西に毛利、東に浦上にはさまれています。毛利はもちろんですが、浦上も本城を2つ、つまり国を2つもち、こちらより強豪。それでも毛利よりは浦上の方が倒しやすそうなので、まずは内政を進めつつ、浦上を倒す準備を進めていると、、、

いきなり毛利に攻められて滅ぼされましたw おそるべし。三村家は毛利と早めに同盟結ばないと生きられなそうです。