evaまつり

EOEのシーンカットからはじまったエヴァ祭り。


古いですよね、エヴァ。先週・今週とみて、この10年くらいの間の変化、自分の気持ちも含めて、感じます。こういう時代もあったんだよ、っと。。。でも。エヴァが金曜ロードショーでやっているというのは、あまり良いことではないと思います。


しっかしだ!!

放送時間を2時間におさめるためとはいえ、宇多田が流れない劇場版エヴァってどーよ!!宇多田のあとのカヲル君だからこそ!じゃないか。そして、次回予告の流れない「破」ってなんだよ!あの予告で、あのQだからこそ、エヴァではないのか。
 、、、、まぁ、。来週Qを観る人はどーせみんな知ってみるんだろーけど。


エヴァは、みんなが共感するタイプの映画じゃない、はず、なのに。あたかもメジャーなような、誰でも共感できるように扱っているのは、違和感がハンパないです。ってか、そんな日本なら滅ぶぞ。
スポンサーサイト

まゆう

ターンエー。このまま主題歌はターンエーターンのままかとおもってたら、40話近くになって、主題歌が変わりました。少しおくれてEDも変わったのですが、これがいい!!!

物語りも、20話付近までのストーリーの進展のなさはなんだったのかというほど面白くなってきてます。変な踊りを踊る変な人たちも、すごいいい役になって。親衛隊長も、シャアの真似事かと思ってたら、全然シャアよりいいやん。
 あの地球を飛び立つまでの時間が、キャラに個性をもたせるいい時間だったんだなぁ、って。そう思うと昨今の深夜アニメの1クールであっという間に終わっていくのが、実に惜しいものだと思える。やっぱちゃんとしたストーリーで、キャラに味わいをもたせるには、せめて2クールないとなぁ。

今では、ターンエーはワタシにとって一番すきなガンダムのひとつになってます。ターンエーのテーマはたぶん反戦。それはVガンダムと同じかなと思います。Vガンダムがそれの描き方がえぐかったですが、ターンエーはそれを牧歌的な雰囲気とあわせていて、より観やすいです。子供にも安心して見せられるw
 こうなると、Gレコがどのような物語をもってくるのか。期待が高まってまいりました。


追記には、ターンエーの後半のEDを。
 

続きを読む »

信長の野望・創造、最上上級1

そういえば、5月ごろに書いてから続きを書いていなかった信長の野望・創造のことでも。といっても、三村中級のあと、最上上級で始めたものはいいものの、途中で苦しくなって放置しておりました。


1560年4月

スタートの最上家は、人口は先の三村と同じかちょい少ないくらい。ただ、立地が東北ということで、三村よりずっと苦しいのは予想できます。初期武将では、天童と延沢がそこそこ戦争で使えます。それよりも翌年には最上義光が加入してくるので、武将面では三村よりも勢いはつきそう。当主の義守はまったくといっていいほど使えませんw


はじまったらすぐに、小野寺、戸沢といった支城勢力をつぶします。気をつけるのは、大宝寺家をうかつに攻めると上杉に襲われるので手をつけず。また、本城の山形城を空っぽにすると伊達が襲ってくるので、伊達と同盟が成立するまでは、全力遠征は控えることになります(今回のプレイでは、外交にまだ不慣れなためについに伊達とは同盟を結ばないまま進みました)。

手近な支城勢力をつぶしたら、そこからは東北を時計回りに攻め込み、開始2年目の1562年には安東家を滅亡に追い込みました。

安東家滅亡

ここまでかなり間髪いれずに攻め続けてますが、ひとつの失敗で大きな遅れになってしまうので、かなり慎重にリロードを重ねています。


安東家を押さえたら、そのまま休むまもなく三日月が満ちるまでの東北の雄・南部攻めです。とにかく他の勢力が伸びる前に東北と伊達を滅ぼしたいので、どんどん行きます。南部戦では、とにかく東北の領地の広大さから移動が大変orz。山形から青森までってこんな遠かったのねー。さらに伊達が利府城から陸前に侵攻を開始しはじめたため、蓋をする意味で陸中を同時に侵攻することに。南部相手と陸中侵攻が重なって、かなり苦労しながらも、開始5年で無事南部家を高水寺城で滅ぼし、東北の北部を完全に制圧しました。上手な人なら、外交駆使して援軍を利用してもっと楽に侵攻するんでしょうね、、、。




南部滅亡

まぁ、それでも戦闘に優秀な安東愛季と南部晴政を手に入れて、作戦が立てやすくなりました。ここからまた間髪いれず、東北の覇者の座をかけて伊達討伐。伊達家は、ずっとこちらが北東北に兵力を割いて隙ができると攻め込んできてたので、かなり恨みはたまっておりますw 
 ただ、ここでも外交ベタなもんで、なにも考えずに攻め込んだら北条が伊達に味方して混戦にorz。仕方ないので、北条の援軍は三春城近辺を威嚇して固定状態にして接触を避け、その間に小高城から米沢、さらには黒川城までを落とし、因縁の伊達家を滅亡。


伊達滅亡

当初は北条・上杉とは同盟を組んで、織田に当たりたいと想定していたのですが、北条には伊達戦の邪魔されるし、上杉はきづいたら織田に滅ぼされる直前。っということで、ここからは、一旦織田と同盟を結びつつ、上杉にトドメをさして武将かっさらいつつ、北条へ侵攻開始~。
 ちなみに上杉にトドメをさす際には、突然織田が「おれの顔を立てて、上杉を攻めるのをやめてくれ」とか言い出してきて、、。そのくせ、それを受けると、直後に織田が上杉に攻めかかるという、織田さん、さすがやること鬼っす、、。ちとリロードしてタイミングずらして、なんとか上杉にトドメさせました。この仕様、なんなんでしょうw


北条攻めなんですが、開始6ヶ月は相手の防衛を崩せずに侵攻が進まず、こりゃ何年かかるか、、、って感じでいたのですが、突然、織田が北条家に侵攻開始。とたんに北条が防衛を織田相手に回したので一気に侵攻ルートが開けて、わずか1年で

北条家、崩壊

こんな、ありさま。あとは北条さんの武将を手に入れるため、織田が小田原城を落とすのをまって最後久留里城を制圧して、北条家は滅亡。あっけなかったなぁ。


っと、プレイ開始から10年で東北と関東の大半を押させて、ここまではわりかし順調だったのですが。ここから、いよいよ逃げることのできない織田との決戦、、。が。。。。が!!!
 織田がむちゃくちゃ手ごわい。っていうか、オカシイ。開戦当初は両者25万くらいの兵力で対等だったのに、1年たったらなぜか織田方の兵力が40万超えてる。。。しかも信長に信玄にそのほかもろもろ武将が優秀(こっちも謙信いるけど)。織田の一部隊の数が10000超えがざらなのに。こっちは10000以上出せる部隊なんて、山形城と米沢城くらいで、主戦場の関東から遠い。



織田との決戦

そんなわけで、関東の雄にまで成長した最上家ですが、ここにきて織田の壁にがつんとぶちあたっているわけです。相手方の兵隊多すぎて、城一個おとすのに半年から一年かかるペース。しかもどんどん相手の兵ばかり増えていってます。。これ、二条城までたどり着けるのか?
 ちなみに、ここからNPCにプレイをゆだねると、織田ががんがん攻め込んできて4年で最上家は滅びますw どうなってるんだwww

たーんえーたーん、たんえーたーん

たーんたーんいってますが、決して牛タンではありません。ターンエーガンダムです。


ターンエーガンダム、いま31話にまで到達して、悔しいことに、面白くなってきたw いや、心地よくなってきたというべきか。
 はじめは「なんじゃこりゃ」思ってたオープニングも、31回も聞いていると不思議と心地よく、ふと頭の中で「たーんえーたーん、たーんえーたーん」なんてこだましたりする。恐るべしサブリミナル。(31話になってもOPかわらないってどうよ?)
 はじめは「なんだこいつ」と思っていた登場人物にすら、愛着が。月をみて踊り始めるとか意味ぷー、へんなやつー。なのに、その忠誠心にうっかり泣くところだったぜ・・・。


ところで、ターンエーでは、地球側に脱走した月のお姫様は、人質としてつかまった扱いですね。アルドノアでも、姫様が地球側にいるのがアルドノアの発動でバレそうですが、どうするんでしょうかね。


追記には、その耳にこびりついてしまった、ターンエーターンw

続きを読む »

スレインかわいそすぎ

アルドノア、好みとは違うなぁ、っといいつつ、7話観終わって。
 ここらで主人公機登場かと思いきや、先に戦艦発掘から離陸まで、一気だなぁ。ここらで姫様がアルドノアのチカラ使って身元バレは予想してたけど。多少強引な気もしますが、先の展開を予想しながら楽しみにするアニメと思うので、素直に楽しみにします。
 とりあえず、7話の終わった印象、いなほ君、悪役ならないかな。今のいなほ君は仲間と姫様守ることが行動理由なってるけど、変わってもおかしくない気がする。一方で、スレインくん、地球人より絶望的な状況じゃね?そして1クールのおしまいをどのようにしめるか。いなほ君がスレインくんにしたこと思うと、お姫様が激おこして、OPみたいに銃口向けておしまい、とかないよなw それやったらまんまギアスやね。


ところで、平行してみているターンエーの展開が、アルドノアの展開と似ててちょっと面白い。どちらも月(あるいは火星)から超文明の人類が降りてきて、地球人を圧倒。姫様がなんか地球人と一緒に行動して、発掘戦艦を飛ばす、、あたりまで。もちろん違うところも多々ありますが。
 ターンエーは、発掘戦艦を掘り出してから実際に離陸するまで実に10話近く費やしていました。それがアルドノアでは発見から離陸まで一気に一話で終わらして。メンテどうしたー、操縦どうしたー。なんて思ったりしてしまう。けど。50話あったターンエーと分割2クール(12話?×2)のアルドノアでストーリーの進展具合を比較しても仕方ないですね。


定番な展開は構わないとして。それよりキャラや世界を充分に描く間もなく終わってしまうのは、残念です。

ろぼろぼろぼ

いい年こいて、ロボットアニメ愛が花開いております。この年になって、花開くとか恥ずかしい表現ですね。


リアルタイムだと、「アルドノアゼロ」観ております。こちらは、正直いうとちょっと残念、好みではありません。なんていうか理系っぽい感じの説明があるんですが、それが高校生の考えた科学、みたいな。「巨大分子」だから銃弾なんか効かない、、、とか、ちょwwwwっと。
 物語的には次回で今回の敵が撃破されて。どうも主人公側にも特殊機体到着、姫様がだれにチカラを与える?主人公か、スレインか?な流れなんでしょうか。

エウレカに続いてターンエーガンダムみてます。ターンエーターン。Vガンダムもなかなか主人公が宇宙に上がりませんでしたが、それ以上に宇宙に上らない主人公(現在16話ですが、ずっと地上、、、)。そして戦闘はあるけど、なかなかモビルスーツ同士の戦争がない。
 そこそこ人間ドラマもありますが、これ、面白くなるのかな。50話ってながいね。昨今の1クール主流というのは短すぎますが。やっぱ2クール26話くらいがいいのかなと。

そんな合間にエウレカセブンの劇場版(二次、じゃない虹がいっぱい)を観ました。原作と違う物語、いわばパラレルかifにあたる物語ですが、、、なんでこうなったw
 TV版がかなり好きだっただけに、残念です。見所がラストのエウレカのはだかくらいk。