なつげー

信長・創造を一旦休止して。

今はハーツオブアイアン2(HoI2)という、ちょっと古いゲームをやっています。HoI2は第二次世界大戦の、全世界をシミュレートしたゲームで、オリジナル(無印)の発売は2002年だったそうです。その後も本家の拡張版DDAが2007年に発売されたり、改良版が2010年に発売されたりと、その息の長さに、どれだけファン(信者)がいるかが覗われます。
 現在は3作目が発売されていますが。とかく話題になるのが2の方なのと、3は3Dになっているのが、あまり3Dゲームが好きでないワタシには魅力的でなく、2を始めました。


ちなみに現在、日本語版は発売していた会社が解散したため販売されておらず、レア化しています。本家拡張版DDAの日本語版だと、先ほどamazonでみたところで、中古が2万超え、新品は4万超え。ところが正規DLの英語版は、DDAまではいったHoI2 completeで15ドル。
 HoI2にはそのDDAと改良版がいろいろあり、どのバージョンが良いかまでは分かりませんが。ワタシは、英語版のHoI2 compliteをDLしてみました。


が。


盧溝橋事件

軍事に政治に専門用語が英語で出てくるので、知ってない内容は結構きついですw 幸い日本でやる分には226事件に、画像の盧溝橋事件(英語ではマルコポーロ橋っていうんだ?)と、歴史を知っていればなんとなく分かります。


ゲームも一見複雑そうなのですが、実際プレイしてみると、専門用語や軍隊の名称が分かりづらいだけで、システムは意外とシンプル。まだ軽くプレイしたところですが、要は工業力を生産と軍事にどう割り振るか、、、のようです。
 これから日中戦争に入っていくので、ここから細かい戦争のシステムとかは、色々試して、それから攻略サイト等を参考にコツを掴んでいこうと思います。ぱっとプレイした感じ、硬派な戦争シミュレーションゲームとして、さすが評判が高いだけあって面白そうです。


ところで、こうした海外の戦争ゲームをやると、すこしだけ海外からみた日本というのが感じられます。たとえば、日本では「自衛隊」というと戦後の組織ですが。このゲームでは、日本国土の空軍には、「Nihon Kokujieitai」という名称が与えられています。海外からみれば、軍隊には変わらない、、のですかね。
スポンサーサイト

普通に考えれば・・・

普通に考えれば簡単に分かる
こんなグロい漫画は アニメ化できるわけねぇってことぐらい、、、。


テラフォーマーの感想。

まぁ、エルフェンリートよりはマシか。

信長の野望・創造、最上上級3/3

実質、雌雄の決した最上vs織田。
本城勢力で突破をかければ、どんどん織田方の城は落ちていき、、、

途中、信長を挟撃、捕らえる機会を得て、

信長の最期

もうちっとましな辞世の句でもよまんか!!っと。

ここからは適当に、急ぐでもなくて。てきとーに織田家を滅ぼして(ときに1579年10月)。徳川との同盟、1年半も残ってて、切れるのを無駄にまって、一気に侵攻。相手方も反撃に出てきて、

つかの間の全面衝突

ざっくりこんな感じで戦端が切られますが、2ヵ月後、無事に二条城を落として。



天下泰平

1581年7月。ゲームクリアー。何が驚きって、謙信けっきょく、ごほごほいいながらもクリアーまで生き延びてた。しぶとす。


関東甲信越を落としてからは、本当にとくになんもないまま、ざっくり攻撃をしかけて落としていきました。強いて書くなら。本城を後方のままにしておくと、前線で創造性に関わる建物が建っていくと、政策が維持できなくなるの、、、、やめてぇ。保守だったので、織田旧領で茶室とかが建っていくと、困るの。そのため、途中でいったん本城を移して建物破壊する羽目に。
 あとは、保守でクリアーしたときのエンディングは違和感がすごいのです、、、天皇制に戻すとか、私有地を廃すとか、、、。競争のない社会に発展はないぞー。


なにはともあれ、途中休止をはさみつつ、足掛けからみると数ヶ月かけて、上級最上S2をクリアーしました。次はどうでしょう、。順当に考えると、真田上級とかやりたいですけど。その前に、まだやってない九州勢をやってみたい気もする。上級は疲れるので、中級かいっそ初級でざっくりと。まぁ、一方で、もう満足した気もするw
 そんな感じで今は、ぼーっとしてます。

信長の野望・創造、最上上級2

最上上級と書くと、最上級みたいなタイトルですね。でも実際は支城勢力もあるので、決して最上級というわけではありませんが。それでも、本城勢力のなかでは、かなり難度の高いプレイなのかと思います。


さて、その最上上級。先の日記で、織田の兵力が多すぎてなかなか侵攻が進まないと書きましたが。その後、情報サイトを眺めていたら、「複数の部隊で戦闘するときは、その部隊の中で最初に城を出陣した部隊の統率・武勇がすべてのもっとも反映される」という、謎仕様であることを知りました。確かにそれまでも、ステが高いエース武将で挟撃かけても損害が大きいことがあり、疑問を感じていたのですが。なんていう謎仕様。

そこで、出撃順をまずは本城のエース武将を先に出陣させるようにしたら、みるみる敵を撃破。上杉謙信(政虎)つえーーーー。ほとんど被害なしでがんがん敵を撃破していきます。
 それからは順調に織田方の城をひとつひとつ攻略していって、関東そして小田原城を制圧。さらには甲信越地方も、多少の競り合いはありつつも、上杉、最上義光を全面にだせば確実に敵を殲滅に追い込み。


1978年2月。織田家と開戦しておよそ8年。

関東甲信越制圧

ようやくというか、あっというまにというか、関東甲信越を制圧するに到りました。上杉謙信の寿命がそろそろなので、それまでに甲信越を制圧して、優位を築けたのは大きいです。謙信としても、春日山城を奪取できたので、織田への恨みを果たせたのではないでしょうか。
 ちなみに本拠は磐城国の須賀川城。そのため、前線の城の大半は委任になります。しばらくはこの委任勢力の働きがイマイチでやきもきしてましたが、最近は手薄な城くらいは落としてくれるようになって、本拠が奥地にあるのも悪くないかと。直轄部隊の移動距離が長くなるので、兵糧の管理が大変なのが難ですが。


すでに兵力でも織田を圧倒し、こちらが72万の兵力に対し、織田の兵力はわずか24万。謙信が寿命を迎えると突破力は落ちますが、それでももう時間の問題でしょう。
 あとは、徳川との同盟切れの合間に注意しつつ、織田を滅亡に追い込んで。ラスト徳川と決戦して二条城を落とせばゲーム終了といったところ。勝ちが見えて気の抜けてきたところですが、この勢いでクリアにもっていきたいと思います。