信長の野望、創造、戦国立志伝:片倉小十郎 3


関東征圧

北条家を倒して、関東平野を制圧した伊達家。これで関東の覇者となり、あとは西に進むだけ。次なる目的は、柴田家か徳川家か、っと思ってたら「前田家」でした。いつのまにか、柴田勝家が死んで前田利家が継いでたよ・・・。


 
スポンサーサイト

続きを読む »

信長の野望、創造、戦国立志伝:片倉小十郎 2


上杉攻略開始

佐竹家を攻略した後の主命は、上杉家攻略。やはり、伊達家と上杉家って因縁あるんですかねー、なんの躊躇もなくやったるでー。
 ってことで、自分の扱える城はこの時点で、二本松と小高城(提案でもらった)とその周辺2城、それに佐竹攻略で得た関東の2城。プラス、政宗様が上杉攻略のために与えてくれた岩代の2城に、関東の1城。関東の城は、北条の動きが不明なので残して、それ以外の城の全兵力をもってまずは、北越後の征圧に乗り出します。すると、周辺の伊達家の主家や武家も一緒に攻撃に参加してくれて、すんなり北越後の征圧に成功。システム的には「片倉小十郎の名声は津軽為信と並ぶほど」に高まったそうです。


 

続きを読む »

信長の野望、創造、戦国立志伝:片倉小十郎

タイトルがなげー。
っと、このタイトルからわかるとおり、先日発売された、信長の野望・創造の戦国立志伝を買ってプレイしてます。発売前は内心「これは微妙だろう・・・」っと予想して、あまり買う意欲は無かったのですが。ちょうどやってた創造pkの真田家が面倒になってたので、気分転換に。



ゲームからお勧めされる小十郎

戦国立志伝は、簡単にいうと、創造に武将プレイが足されたもの。もともと大局的でざっくりしたゲーム性が良い創造に、逆に細かい武将プレイが足されるとすると、まぁ、相性が悪そうなのですが・・・。そのあたりは案の定。足された領地での箱庭内政とか、武将視点での会戦とか、うーん、、、。でも城主にまで昇進してからは、結構楽しめてます。それはたぶん、ここまで奥州の覇者である伊達家で遊んでいるからかなぁ、。マゾプレイ好きには、あまりにマゾというか、主家が弱すぎると武将プレイではどうにもこうにもならなそうなので、スタートで誰を選ぶかで、かなり差がありそう。まだ、一回目だからわからないけどね。
 

 

続きを読む »

信長の野望、創造、真田(上級)

今度は難度の高い大名家にチャレンジしてみたく。大河ドラマにあわせて、真田家でプレイしてみました。



本能寺の直前

 シナリオは本能寺直前の1582年1月から。真田は武田と同盟関係にあって、ここから織田・徳川両家による武田家侵攻が始まります。真田家には戦国伝があって、史実をトレースするようにシナリオは進んでいきます。

 

続きを読む »

思い出補正

1990年代後半の曲を久々に聴くと、思いで補正もあって、すげー「やっぱ名曲じゃね?」って気分になったりする。最近は、アーティストももういいおじさん、おばさん年代になってたりするんだけど、また思い出したように再結成したりライブしたりしてたりして、同窓会気分で行きたくなる。そんなバンドの1つを追記にでも。さんぶのいちーも~



 

続きを読む »

信長の野望、創造、新勢力7(中級):第2次反織田連合~終焉


すでに第一位はバートン家

反織田連合の解散時の勢力。実はすでに一位はバートン家だったりします。しかし、織田家はまだ畿内に強い勢力を保ったままだし、ここで、連合をそのまま解散したら、バートン家は囲まれてかなり厳しい状況なのは明白。


 

続きを読む »

信長の野望、創造、新勢力6(中級):反織田連合結成

織田家は、かつて彼らの盟友であったはずの徳川家を滅亡させ、そして今、長年同盟関係を結んでいた武田家へも侵攻を開始している。このような、己の領土欲におぼれ、義を忘れた織田家を許していいはずがない!!今こそ、織田家の横暴を止めるべく、立ち上がるべき時である!!


反織田連合、結成


なーんて、ちょっとなりきって都合のいい理屈をつけて。いよいよ、バートン家は、織田家との決戦に入るのでした。

 

続きを読む »

信長の野望、創造、新勢力5(中級)

朝倉家を滅亡に追いやり、北越後から若狭にいたる北陸を征したバートン家。濃尾平野から畿内の東半分を抑える織田家と渡り合うべく、残る畿内近辺の諸勢力の征圧にかかります。


毛利・長宗我部には工作中


 

続きを読む »

信長の野望、創造、新勢力4(中級)

佐渡島から京を目指すバートン家。能登・加賀を征圧し、ここから飛騨の柴田を駆逐して若狭への進出を目指します。

 

続きを読む »

信長の野望、創造、新勢力3

なんかここに書いてから追記に行こうと思っていたのですが、その「なんか」が思い出せないので、


突然あとは、追記ですよ!

続きを読む »