和食派

正月のアマツイベントで販売されているおもちとお雑煮のこと。
 ハロウィーンのカボチャパイが優秀すぎて、今年はイマイチ影が薄いように見えます。ワタシはカボチャパイを買いそびれた人間なので、必要ならここでSP回復財を用意したい。

それでSP回復財をあれこれ調べて比較して。

もとの在庫はおもち20個、お雑煮1個おもち500個とお雑煮200個を用意しました。
 なんかSP回復財も色々ありすぎて、判断に迷ったのですが。今までSP回復財を使った場面を思い返して、それの代わりに使うとしたらこれくらいかなぁ。

 ■

おもちはsketchでソロ狩りするときのレモンの代わり。ソロ狩りではSP回復財はめったに使わないのですが、時計地下4Fで魔剣を折るときや、SD4Fの横沸きには重宝しました。
 もともとおもちの方がレモンよりSP回復量が高いうえ、レモン@1k zeny、おもち@800 zenyってすると金銭的にも優れるんですね。常識みたいでしたが、恥ずかしながら知りませんでした。
 デメリットのスタンもsketchならそんな気にならないかな。スタン確率は1%程度でLuk10程度からかからないらしく、名央やJB.でも使って、、、みる場面はなさそうですが。

 ■

お雑煮1個あたりリターン10回、お雑煮200個でリターン2000回

お雑煮はHPとSPを同時に10%ずつ回復してくれるそうです。
 比較になるカボチャパイは5%ずつで、露天では1600zenyで売ってました。お雑煮は単価3kくらいなので、値段的に露店から購入するパイに劣ることはない。重量効率では負けますが、かわりに2倍回復してくれるのは緊急時に大きいです。
 用途の1つは、sketchがbossをペアなど火力役で倒すことがあったら。オークヒーローのペア狩りでは名声白ポと青ポをそれぞれ5~10個ぐらい使ってました。お雑煮はSPでは青ポに劣りますが、HPでは名声白ポに匹敵します。終盤にBossが爆裂したとき、HPを回復しつつきつくなってくるSPを補充できれば価値はあるかと・・・。
 あとはPT狩りでの緊急時。手持ちの支援プリの場合、名声青ポと比べてSPは1/2~2/3の回復量で重量も2/3。値段は現在で青ポ@4k 対 お雑煮作成費@3k。お雑煮のメリットはSPと同時にHPも白ポなみに回復してくれるんで便利?もっともSP回復量が十分かも問題なんで、実際に使ってみないとわかりません。


 ■

っと、書いてはみましたが。まぁ実際お雑煮を作った理由は、、、


すでに腐ってそう。

倉庫に魚の尻尾があまってたから、ただそれだけだったり。
 露天や周りでの雑煮の人気なさをみると、イマイチであろうとは察します。。。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)