僕らはマルコ。

今回の進撃はよかったなぁ。

進撃の巨人というと、ついつい派手な立体機動や、巨人化したエレンのうがーに目がいきがちですけど。今回はジャンの自分が何をすべきか、何に「命を使う」かっという、言い換えるなら人生で何を大事に思うかという、この物語のひとつの問いかけだったと思います。
 そしてそこで改めて語られるマルコの死に際。誰にも看取られず、人知れず死んでいたマルコ。うちらの人生なんてそんなもんさ。英雄でもなく、何かを果たすでもなく、ただ死んでしまったマルコ。それこそ、普通の僕らの人生。
 ジャンがエレンに自分の命を賭けるにふさわしいか値踏みさせてくれっていうのはごくごく普通の問いかけ。不確定な要素に命を捧げるくらいなら、安全なところで自分の幸せ考えて平和に生きるほうが賢いに決まってるじゃん。
 まぁ、物語としてはそれで戦わない人生を選択したらハナシが面白くないから、ジャンも命を賭ける方向に進んでいくのですが。そんな不確定なものに命ささげられるかーーーー。なまじジャンは才能がある(同期のトップ10に入るくらい)だけに、果たすべき役割ってやつを考えてしまいますが。そんな才能のない僕は平和な人生を探したいですね(カス的発想
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)