重い中身と、詰まった思い(想像

今日のお昼に神器クエの4次が来たみたいですね。昨晩までの様子から、お昼に来るかとは思ってましたが、予想したところで参加はできず。次の機会を待とうと思います。


 ■

さてここ最近、sketchのことですが、名も無き島入場クエスト(修道院クエスト)を進めてまして、無事に修道院Dに入れるようになりました。
ぴよぴよ(・・・この時は生き延びれました
 今さら感はありますが、せっかくですので前提クエスト~修道院クエストまで、少し書いておこうと思います。


 ■ 聖域クエスト
こちらは前提クエストになります。幸いsketchは以前に済ませていたので今回は省略。


 ■ トール火山の秘密クエスト
厄介さに定評のあるクエスト。
まずは危険なトール火山潜入。一瞬で散る命。
sketchは一応、槍騎士ですが、それでも死ぬときはあっという間。3回潜入しないといけませんが、2回のデスペナを頂きました。これは、WP付近にMobがいるかいないかが大きいですね。
 狩りをしている方もいて、その人たちの動きを見ながらタイミングを計るといいのかなぁ、って思いました。あと、邪魔にならないよう、移動は極力ハエで(テレポで下手に敵を寄せると邪魔になりそうなので)。
 トールにもPTで行ってはみたいですが、さすがにこれはしんどそうです。

いもは47個拾いました。
そして、もう一つ厄介な緑ハーブの消費。sketchは900個かかりましたよ。緑ハーブの相場がおおよそ2kなので、このラクダに1.8Mの餌をあげた計算。もったいない、、、。

それでもまぁ、クエストは珍しく前向きな終わり方で、気分はすっきり。経験値的にも最終的にはプラスになりました。ロックラックが良い味だしてたなぁ。時間は1時間半ほどかかりましたが、やってみてよかったと思います。


 ■ 歴史学者クエスト
プロンテラの建国にまつわるストーリーで、ROの世界観に触れられるクエスト、っといった印象でした。物語好きなら結構楽しめそうな。ワタシは嫌いじゃないです。かかった時間は1時間ほどで、お使い感がありますが、それでも、うん。

ただ、クエストアイテム、どっかで既出かと思いますが重いのは内容か?
「重い。」はずなのに、重量ゼロの本。全然重くねーーーーー。

そして、きっと「思い」が入っているに違いない。
中に何か入っていると感じさせない重量ゼロの袋。

関係ないところで笑ってしまいました。


 ■ 名も無き島入場クエスト(修道院クエスト)

BGMもちゃんと聴いておきました。
そうしてようやくたどり着いた名も無き島。朝の名も無き島は、クエスト途中でしか入れないということで、すこしだけ観光しました。
 実はワタシ、孤島の修道院ということで、勝手に断崖絶壁の修道院を想像していました。モン・サン・ミシェルみたいな。それが実は結構のどかな立地で、ちょっと拍子抜け。期待しすぎはいけませんね。

わかりづらいですが、相手はゾンビスローターです。
そして、クエスト途中で対戦するゾンビスローター。こいつが中々タフで、ソロで倒すのしんどかったです。ダメそのものはまぁ、SBも耐えられたんでなんとか。魚50個食いましたけど。

名も無き島入場クエストは、このゾンビスローターを倒したところで止めました。残りはPTで修道院へ行くときに進めた方が良さそうなので。
 この修道院進入までで一時間弱ほどかかってました。


 ■

こうして通して終えて、思うのは。
 物語自体は、世界観を感じたいならやってみて損はない印象。ただ、、、、暗い!あと、これから修道院Dで見るはずの一番の驚きが、すでにネタバレ状態なのが残念。
 いかんせん、かかる時間と緑ハーブが大変なので、キャラはちゃんと決めてやらないといけないなぁ、って思いました。2キャラ目をやるとした名央でしょうか、気持ちしんどいですね。複数キャラこなした人はすごいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)