世界の半分をくれよん

騎士の証とは、勇者の証とはなんでしょう?それはどんな強敵にも恐れず挑むことではないでしょうか。
 そして、強敵の象徴といえば決まってます、ドラゴンです。これはファミコン時代からのお約束です。


一回戦目
昨日、幸運にもPTで三頭竜に挑む機会に恵まれました。しかも先鋒の栄誉を頂いて。ワタシは本体のタゲをもちつつ、お借りした錐を右手にBBを連打。


ハイドラランサーは高Defの上、要求Hitが高い。だから、ただのサイズ・種族特化だと時間がかかります。今のところ、転生前は盾を捨ててゲイボルグ、転生後ならコンセして錐BBが良いかなぁとみてます。
 今回は、幸いQMを頂けたので、転生前ながら錐BBでも必中です。そうそう、bossにQMが効くなんて知らなかった。SSをみると、アスペ抜きの錐BBで2800×2が出ています。


一回戦目は、不覚にもsketchが途中で倒れたものの、その間をハイプリさんが耐え、起こしてもらって撃破。


二戦目

そして二回戦目は、見事犠牲者なく撃破に成功しました。竜の首、獲ったり!!
 ワタシにとっては、こうした取り巻きつきのbossクラスを、ちゃんと倒したのはたぶん初めて。嬉しい!


とはいえ、不慣れな点も多くて。たとえば、うっかり再召喚された取り巻きをクリック→キャラが移動してSWから降りちゃう、とか。ボスと取り巻きとの分断も不十分だったし。周りに助けられました。下手な前衛でごめんよぉ。


こういう機会が増えたら、いずれMVPに真っ向から挑戦する日も来るのかなぁ。まぁ、まずはもっと安定して三頭竜を倒せるようになりたいです。ハイプリとのペアでの形にもってけるくらいに。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)