コードギアス

今さらですが、アニメのコードギアスとその第二期(R2)を観ました。もう7年くらい前の作品だそうで。当時結構話題だったそうですが、さっぱり観たことありませんでした。知人が第一期とR2を貸してくれたんで、あわせて50話を一気に観た次第。

これ、学園ロボットアニメだったんですね。もちろんそう括るのは乱暴ですが。そしてたぶん腐女子向け?もちろんそう括るのは乱暴ですが。復讐と謀略、ギアスの謎、秘密めいたヒロイン、二転三転するストーリー、そして劇的な最後。評判なのも納得。

ネタバレを気にすることもないとは思いますが、あとは、追記で。ただし、ワタシはちょっと批判的です。  




コードギアスですが、まず、第一期の設定で、よくやれたな、と思った。日本が占領された、それもブリタニア帝国というが実質アメリカに。まぁ、実際、太平洋戦争後の日本はoccuped japanでしたが。そして第一話で人が死にまくる。いきなり虐殺からスタート。ひどいもんだぜー。そして、第一期で一番インパクトの強いシーン「みなさん、死んでください」。く、くるってる。このアニメの製作者、よく鬱にならなかったな。最近(?)のアニメはどうも残酷な描写が好きらしい。

でも、ストーリー、滅茶苦茶だなぁ、って思う。二転三転しすぎ。そして、死んだ人が生き返りすぎだろ。生き返らなかった登場人物の方が少ないくらいじゃね?ってくらい、死んだと見せかけて死んでない。脱出コクピット優秀すぎ。ガンガンロボットが爆破するけど、次の戦いではまた参戦してくるし。これだけ復活されるとそりゃストーリー読めないってば。むしろ、生き返らなかった女の子の扱いが忘却されすぎ。死んだことそのものよりも、最終話まで忘れ去れていることがかわいそう過ぎる。(きっと腐女子受けしなかったからなんだろ)

こういうアニメを見るとき、いつも考えるのが、テーマが何かと、等身大で自分たちと重ねられる登場人物って誰かな?ってこと。定番としてはやっぱ、主人公の成長物語を期待しますから。でもこの作品はそこでぶれてる気がする。第一期の始まりでは、傍観者を気取らずに動くこと、そしてその代償、、、と繰り返されてますが、きざっぽく言ってるだけで、結局それにそった結末にはなってないし。
 第二期はラスト以外はもう物語を二転三転させるのに一生懸命な印象。させすぎてついていけねー。これだけ二転三転されると、ラスト以外いらない。いあ、ラスト以外に一番印象的だったシーンがあった。「残念、あなただまされちゃったの」。結構トラウマになるぞw
 
そんな二転三転、七転八倒、本末転倒も辞さないストーリーだったからこそ。第二期、最終話でのまとまりっぷりはすごいと思いました。ルルーシュくんの、物語全般の理不尽さがすべて収束させましたね。だからこその高評価なんでしょう。面白かったですが、、、もうちょい短くまとめてくれると、見返すのが楽なんだけどなぁ、って思ったり。

まぁ、きっと批判的なところが多いのは、登場人物の女の子に自分の萌えポイントのキャラがいなかったせいなんでしょうけど。ロボットのデザインも動きも好みと違うし。だから、仕方ないね。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)