az1期終了

アルドノアの1期目12話が終わりました。続きの2期目が来年1月から予定されているとのこと。
 ワタシとしては、映像と音楽がかっこいいロボットアニメ。ストーリーは、、、うーん、いまひとつ。その意味ではちょっと残念ですが、1クール12話では仕方ないことかもしれない。最終話では、それでも、作品のメッセージとして、言いづらいことを言わせたと思う。つまり、「戦争」は良いとか悪いとかではなく、「手段」の一つである、という。とかく反戦こそが良しとされるなかで、アニメとして、それもTVアニメの中でしっかりとこれを言わせたのは、意味があるのかなぁ、っと。
 主人公のキャラ設定で冷静すぎると、批判はあるけれど、このメッセージのために与えられた役割なのかもしれない。これは最近流行った永遠の0の対極ともいえるかと思ってる。

ちと長くなったので、残りは追記で。
 
まぁ、それはそれとして。作品としては本当に映像と音楽が見所でした。その意味ではUCと同じ。否定的な言い方に見えるかもですが、かっこよさは大事でしょ。UC好きだし。ロボットアニメですから、ロボットの造型と動きが最重要に決まってます。それがかっこいいのは絶対重要です。その意味で、比較されがちなコードギアスはロボットがださかった。、、、もっとも、ギアスとアルドノアはロボットの造型、基本思想で近いものがあるのだけど。


さてさて、1期目が終わって、俄然気になるのが、2期目はどうなるのか。1期目も、なんだかんだいって物語りとしては(キャラの生死を別にすれば)しっくり収まってるので、きっと2期目でこの火星と地球の争いも、ガンダムのファーストくらいには収めてくれると期待するのです(3期目が決まらない限り)。
 死んだ人は、まぁ生き返らないとして。やっぱ気になるのは、、、エデルリッツォでしょ! 11話のあの笑顔にヒロインオーラを感じない人はいないはず。とはいえ、さすがにヒロインにはちとキャラが違うか。

まぁ、なんだ。2期目だからといって、1期目のすぐあとの物語になるとは限らず。きっとさらに数年、あるいは10数年後とかの話になるのが、鉄板か。なぜかアルドノアを起動できるスレインが、火星側にいるか地球側にいるかで、ヒーローになるかヒールになるかが決まりますね。1期ラストって生存者がスレインしかいないから、ぜーんぶザーツバルムのせいにすればイイ。まぁ、「格」としては落ちますので、メインは張れないでしょう。
 いずれにせよ、このままでは地球が不利には変わらないので、姫が死んだことで一旦休戦となって時間を経たせるか、あるいは火星に侵略されたあと、地球軍はパルチザン的な活動となるか。あぁ、あるいはいなほ君のいう「見合わない」ということで、自然と休戦になる可能性もあるか。

ワタシとしては、一旦休戦したのち、再び火星が地球に侵攻してきて、1期の1話と似た展開から始まるのが熱いかと思う。主人公格は総入れ替えで。スレインには地球にとどまって「地球にもアルドノアがあるんだ!!」的なポジションから、新ヒーローに食われて欲しい。
 まぁ、アルドノア「ゼロ」というくらいなんで。スレインが姫の死の元凶たるアルドノアドライブをすべて停止させる、ってのも悪くはないが。いかんせん、スレインって主人公オーラがないのよねぇ・・・。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)