スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長の野望、創造、新勢力5(中級)

朝倉家を滅亡に追いやり、北越後から若狭にいたる北陸を征したバートン家。濃尾平野から畿内の東半分を抑える織田家と渡り合うべく、残る畿内近辺の諸勢力の征圧にかかります。


毛利・長宗我部には工作中


 
 

丹後の細川や別所をつぶしたところで、織田家が羽柴家の大阪城へ侵攻開始。姫路城のある播磨はなんとしてもこちらの手に入れておこうと、こちらも急いで部隊を侵攻させます。

途中、驚いたことに、織田が盟友の徳川を滅ぼしてしまいました。周囲に敵がいないと手当たりしだいな恐ろしい織田家。
 また、羽柴家へ侵攻している途中で織田家との同盟期間が切れるので延長することに。ここから羽柴家をつぶして体制を整えるのに、、、悩んで12ヶ月の延長を選択。自分の中でタイムリミットを引いた気分。


そして1629年12月、無事に播磨の領土と羽柴家の家臣はこちらで独占しつつ、羽柴家を滅亡に追い込みました。


国の数ならこちらの方が上か、、。


ここからいよいよ対織田家に向けて、武将の配備と内政を整えて。同盟の解消される9月になったら、一気に開戦だぁぁ、、、って思ってたら。
 こちらが間をおいている間に織田家は、武田家へも侵攻を開始。しかも、うちの領土を通って。同盟国の武田家の攻められるのを放っておくのも・領土を通られるのも、なんか、、これ以上の織田家の跳梁を許すわけにはいかないと、ここは決断の時を迎えたか!!

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。