スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長の野望、創造、戦国立志伝:足利よしペル1

信長の野望・創造、戦国立志伝の3周目は、将軍の足利義輝にしました。


顔画像がおかしい?

あれ?顔画像が?・・・顔画像をのぶニャがの野望仕様にしてみました。かわいさ半分、違和感半分。
 開始年は桶狭間の1560年、難度は上級にしました。これまで戦国後期が続いていたので、ちょっと早めの年代で、かつ、信長が登場するようにこの年代に。難度は、足利家がもともと畿内で攻略しやすそうだったので、高めの上級にしました。


史実の足利家は、自前の軍隊をもたないために、周囲の三好家や六角家に頼ったり追われたり大変だったそうです。その代りに大名同士の間を取り持って調停したり、役職を与えたりして、幕府としての権威を取り戻していった途中で。松永久秀と三好三人衆に襲われて、足利義輝は殺されたそうな。
 ゲーム内では、本拠に人口が多い二条御所を有しているため、高い軍事力を行使できます。早々に畿内を抑え、三好家さえ倒せば、あとは成り行きでもゲームクリアできそう。

   


すばらしい外交関係

ゲーム開始時の外交関係。すでに足利ネットワークが畿内に広がっております。足利義輝は、諸大名に自分の名前の一字を与えていて、北は最上義光・伊達輝宗から、南は島津義久まで、全国に知り合いがおります。ゲームでは、征夷大将軍についているため、工作しなくても、ほとんどの大名の信用が毎月1上がってくれます。外交収入がうはうは。


そんなわけで、まぁ、イージーモードだろうと。とりあえず方針として、史実で親しかった大名家とは同盟を結んで大切にしようかなと。一方で、史実で殺してくれた松永久秀と三好三人衆、てめーらはゆるさねぇ。史実で親しかった大名家とか調べるの大変そうですが、何のことはありません。名前に「義」か「輝」の字がある大名はみんなブラザーだぜ。
 あとは成り行き次第ですが、やっぱり織田もつぶそうかなぁ。畿内と濃尾平野で惣無事令を出せればいいのですが、国数が足らなければ、関東の方に勢力を伸ばそうかと思っています。畿内のお友達とはできるだけ仲良くやりたいので。


ってところで、ゲーム開始。まずは周囲の出方をみようと、なにもしないで時間だけ進めてみると、、、なんと開始1年で筒井家、三好家、波多野家にふるボッコにされておしまい。上級おそろしす。


 これはまじめにやらねば、ということで、再プレイ。まずは、武家を解体してすべてを直轄にします。
まだ何もしてないのにねぇ。
グラはミュウさいじゃないかっ!っという細かいことは置いといて。細川ふじたキャッにがっくしされますが、内政とくに序盤の進出・建設は自分でやりたいので、領地召し上げ。ふじたキャッには領地が増えてきたら、また城主として復活させてあげたいなぁ。
 外交では三好家に贈り物して工作をかけます。そして、援軍をもらって1560年12月には筒井家攻略。ここから対三好家を意識して後方の浅井家と三好家の隣の鈴木家にも外交工作をしかけつつ。やっぱり三好家から援軍をもらって1561年12月、波多野家滅亡。その頃、三好家では十河かずミャさ、三好義賢らが死亡しまくって、なんか隣でみててかわいそす。。。でも同情しない。



三好攻め

そして1562年3月。ゲーム開始2年目にして三好攻め開始。まずは畿内からの追い出しにかかります。信貴山を落として、飯盛山城を制圧したときに、さっそくまつニャが久秀を捕えることに成功しました。
なんと見事な悪人面
もっちろーんん、処断!!


順調に畿内を制圧していって、1562年10月には四国へ向けてまずは神戸山○組の本拠、洲本を制圧にいきっます。外交では、余計な援軍がでないように、長宗我部家・毛利家にも工作を開始。このころには外交収入が10000にまで達してました。内政収入が5000くらいなので、実に2倍近い。っということでほくほくして、ついでに九州の島津・大友家、奥州の最上・伊達にも工作を開始。・・・っというのも、この後、反足利連合が組まれるので、それまでにこっちの枠組みも決めて一気に連合作れるようにしようかな、っと。


そして四国へ攻め入って、勝瑞城、十河城を落としてほぼ三好家と決着がついたころの、1563年5月。

なぜ、浦上家?

宇喜多家・・・じゃなかった浦上家を盟主に反足利連合が結成されました。ちなみにこの時点で、足利家が人口36万・兵数7万に対し、反足利連合は総勢で人口22万・兵数4万、、、ってだめじゃん。



すでに席捲しつつある感

ということで、反連合が組まれた時点での勢力図。じつはこまめに試しプレイはしていて。その時には長宗我部家との同盟がまにあわずにいたら、この枠組みに加えて長宗我部家も反連合に入っていました。本プレイでは、なので、早めに同盟を結んでいます。このあたり、相手方の外交が見えないので、試しプレイしないと予想できないんだよねー。ずるいけど、相手は信用値を無視するもっとずるい連中だからきにしにゃい。
 こっからは、まずは西は三好の残りと浦上家が標的。浦上家は反連合の盟主で、かつ備前は肥沃な土地なので優先的につぶす。その後、東に侵攻を開始して織田を討とう(ほとんど私怨)かと思います。他は迷いますが、長宗我部・鈴木家はあまり縁がないし、長宗我部にいたっては、油断すると反連合に付くくらいなので、機を見てつぶそうかと思ってます。うん。


 
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。