civ4 Monarch Washington

今回はすこし、詳細に書こうかと思って、プレイしながら書き進めました。


 先に断わっておきます。
このレポートは、、、、「完敗」します。



Civ4(無印)の6周目。難易度はMonarch、MapはFractalでSizeは久しぶりのStandard。他のClimate、SealeverはRandomにしみました。つまりほとんどランダム。指導者は選んでWashington@America。特性はFinancialとOrganized。実は事前にこのMAP設定で何回か世界を作ってみたのですが、すると結構海洋面積が大きく、2-3くらいの島で構成されることが多かったので、すこしそれ向きな指導者としてWashingtonを選んでみました。あとで調べるとOrganized属性はあまり評価は高くないようですが、、、。




スタート

スタートの立地はこんな感じ。豚とトウモロコシがあって、食糧は豊富そうですが、、、、丘がない、丘がないぞ!!!ということで、ハンマーに、そして世界遺産の建設に苦労しそうな予感。
 ゲーム開始時に考えるのが、世界遺産で何を狙うか、そして第一都市、第二都市をどうするか。世界遺産として、まずはGraetLibraryは狙うとして。あとは海沿いなので、GreatLighthouseと、使えそうならColossusを狙いたいところ。都市としては、とにかく首都に丘がないので、首都は経済都市(偉人都市は私にはまだよくわからない)にして、第二都市はハンマーの多いところで、工業地帯として、初期の兵隊作成を担ってほしいところ。そんなイメージで始めました。


   


首都の位置を、もともとのSettlerの位置にするか、一歩左上にいって海岸沿いにするか迷ったのですが、左上に移動すると1ターン遅れて、それに見合うほどよいとも思えなかったので、もともとのSettlerの位置に村を作成。
 するの西にMarble、南にDyeが2つ。悪くない。

ここから、1村WashingtonではWorker→Warrior×3、そしてSettlerと作成。
 村の開発はトウモロコシ、Marbleと食糧とハンマーをある程度確保しつつ、続いて川沿い平原に畑、川沿いGlasslandに小屋。食糧を確保しつつ、ハンマーと経済とバランスよく作っているつもりです。川沿いに小屋を建てると、いきなり3コイン産出するのはFinancial属性のすばらしさ。
 Technologyは、Mining→Masonry(Marbleのため)→Wheel、Pottery→BronzeWorking@2280BC終了と来ています。



2村目作成前

2村目のためのSettlerができる前の様子。この時点までに、探索用の初期Warriorが動物に殺されたため、探索がすこし足りませんが、右上の米と蛮族の間が、海岸沿いで丘も多いので、第2都市の候補。
 ここまでで、出会った他勢力はチンギスハン。・・・・どう考えても好戦的な民族。MAPの性質上、もしかしたら、この島には自分とチンギスハンだけかもしれません。そうすると序盤からの戦争は避けられず、技術交換も厳しそう。っというこで、戦闘ユニットの生産は序盤から怠らず、AlphabetよりもArcheryを優先するべきか迷います。


----ここで日付変更ライン


チンギスハンの脅威におびえたWashington。世界遺産レースから少し離れて、軍備の強化に走って、Archeryの取得を目指します。

第二都市

第2都市NewYorkは、幸い蛮族がどっかに消えたおかげで無事に建設。一方建設は軍備を優先してここからArcherを述べ7体生産することに。これは蛮族の侵攻が激しいこともあったのですが。

GreatLighthouseの建設を目指す第2都市も、防衛と都市の発展のため、建設順番が
 Warrior→Archer→library→lighthouse→Galley(これは探索のため)@BC825完成→GreatLighthouse
っとかなり後手に回ってしまい、、、BC600、他勢力によってGreatLighthouseが先に完成されてしまいましたorz
 AIのGreatLighthouseの優先順位は決して低くないようで。第1都市で建設するか、第2都市なら優先しての建設が必要そうです、、。

一方、GreatLibraryの建設は順調で。防衛のために少し寄り道をしてしまいましたが、研究はWriting@BC1680、LiteratureもBC500に開発して、そこから首都でGreatLibraryの建設を開始。森林を伐採しながらBC275、

Great Library

GreatLibraryを他の文明に先んじて建設完了♪とりあえず最低限の目標を果たしました。
 もっとも、一方で、軍備ではCopperが見つからず、この時点でまだArcherに防衛を依存している状況。っというか、Archerは都市の周辺で防衛に立っていて、都市そのものはWarriorに守ってもらってます。他国と比べてもpowerが半分くらいの状況で、もしこのまま国境が接すれば・・・やばい。ってことで。Literatureの後はIronWorkingを研究。第三都市は鉄の確保が目標になります。


第3都市建設

ちょっとこれまでの都市から遠いですが、第3都市Bostonを建設、内陸に。これでとりあえず、Spear、Axe、Swordsmanが作れるようになるので、なんとか防備を維持(攻めるには足らない)しつつ、とにかく優位を築ければというところ。

外交では、チンギスハンに続いて同じ島にIsabellaを見つけました。この島はどうやら私とこの2人の島のよう。海をまたいでNapoleonも見つけましたが、軍事的に接するのはきっとまだ先、、っと思いたい。目標としては、チンギス・Isabellaと友好的に技術交換(時に土下座外交)しつつ、いずれこの島を制圧して、それから海を渡るか・・・。とりあえずIsabellaに恐喝されてAlphabetを渡しています(忍耐)。


前回のところからの開発状況
第1都市Washington:
 Worker→Warrior→Archer×6→Library→GreatLibrary@BC275完成
Technology:
 Hunting→Archery(防衛のため)→Writing→Sailing→Alphabet@BC875→literature@BC500→IronWorking@BC350→Polytheism。
 この間に交換で手に入れたのが、Mysticism、AnimalHusbandry、Mathmatics、Meditation、Priesthood、Calendar。
最適解、あるいは能率的ではないかもしれませんが、難度Monarchならきっとこれでもいけるかな?といったところ。


----ここで日付変更線

BC225、3都市目Bostonで鉄が手に入るようになったので、第1都市、第2都市で造兵に入ります。AIは騎兵が好き、ましてモンゴル民族のチンギスハンなら、、っとSpearmanを延べ6体。これでおおよそ前線にArcher2↑+Spearman2が配備できるので当面はなんとか抑止力になるか。もっともPowerを見比べるとライバルたちのまだ6割程度。チンギスハンに、開発したばかりCodeOfLawsをすぐ次のターンに恐喝されますが、だまって従うしかない。


研究都市

このころの首都の様子。第1科学者にアカデミーを建設させて、完全に研究都市となっています。
 政策としては、HereditaryとSlaveryをBC25に、そしてAD560にようやくBureaucracyを導入。研究ルートはMacemanを作ってからの、GrenadierとCanonを目指しています。


AD620にようやく第4都市建設。場所はIvory狙い。

島の輪郭もつかめた

このころにはたった1隻の、期待を背負ったGalleyが無事に島を一周して、島の輪郭がつかめました。この島はAmericaと、モンゴルとスペインの3国のよう。Galleyにはこの後東を航海してもらい、一周しているときにみつけたNapoleonのほかにAlexanderを発見。NapoleonとAlexanderは文明的に遅れていて、おそらく孤立した島なのか。いずれにせよ、この島を制圧すれば、実質的に勝利が見えてきそうだ。

Ivoryの確保が見えたところで、Constructionを取引で手に入れて。そこからはCatapultとWarElephant、Macemanの生産に切り替え。こちらから仕掛けるタイミングは、やはり化学でGrenadierを待つことになりそうですが、軍備は整えつつ。
 AD1000年に、とっておいた2人目の科学者と幾ターンかの開発を経て、ようやくEducationの完成。悪いペースではないと思うのですが、ベテランさんのプレイレポと比べると、ずいぶん遅いようで、戦争が怖い。いまだRivalsと比べると兵力は6割程度しかない。都市もまだ4っつしかないし。


っということで、5村目のためのSettlerを作りに行った矢先、ファンファーレが!!ついに来たか!
 "Napoleon has declared war on you!"


話し合いの時は終わった。後は戦場で決着をつけようじゃないか!!

ナポレオン「話し合いの時は終わった。後は戦場で決着をつけようじゃないか!!」


ナポレオン!?完全にノーマーク。

置き土産

防衛の配備を怠っていた第4都市の直近にNapoleon配下の部隊が上陸。中身はswordsman×2、Axeman、Archerと海賊レベルなのですが、いかんせん迎え撃つ防衛兵はArcherひとり。あっさり陥落。あと2ターンでLibraryができるところだったのに。
 すぐ次のターンには奪回に成功しますが、失った時間が惜しい。

続いて、フランスのGalleyが3隻、周囲をうようよしますが、中身は空。アメリカ唯一の海軍のGalley(1隻)はとおい東の海を探索中。もっとも、海洋資源はFishひとつのうえ、そこも生産圏外なので、大して痛くもなく。とりあえず泳がせておけばいいかと思っていたら、またファンファーレ!


Genghis Khan has declare war on you!
本命きたーーー。
ほんのちょっと前のターンに技術交換、その前のターンにも資源取引申し込まれて、どっちも二つ返事でオッケーしたのにー!!!要求を全部飲んでいれば、平穏に生きられるかと思っていましたが、それだけではどうも甘かったようで、、、仕方ない、戦争だっ!


----

チンギスハンとの戦争開始で一番の懸案はIsabellaの存在。同大陸でかなり文明も進んでいるIsabella。しかも宗教がチンギスハンと同じで、黙っていたら間違いなくチンギスハンと組んで襲ってきます。ってことで、外交。さすがにチンギスハンへの戦争依頼は叶いませんが、Napoleonへの戦争依頼は受け付けるようなので。Paperと引き換えにしたら引き受けてくれました。とりあえずこれで時間稼ぎとNapoleonへのけん制になるか。



開戦時

開戦時の島の様子。今更ながら、ここまでの開拓の遅さを実感させる。敵の主力はおそらくTabrizからBostonに来るのではないかと予想。こっちからTabriz-Boston間に主力を置いて、索敵のためにスペインのMurcia近辺にいらないWarriorを配置しておく。首都に来るならスペイン領をとおってくることになるので、スペインと国交があるうちは、そこに索敵を置ける。

が、なんかチンギスハンから戦争を振ってきたくせに、全然攻撃が来ない。Galleyに乗ったKeshikが海岸に来たくらい。うーん、、、、こっちから攻めちゃえ!
ってことで、WarElephantとMacemanとCatapultでTabriz攻略。人口1の都市なので廃墟に。あ、確認してなかった。そっから補充してNingh-hsiaに攻め込もうとしたら、、、、


斥候がみつける

本命きたー。

チンギスハンの本命はKeshik×2、WarElephant×3、Maceman×2、Catapult×2。これなら、なんとかっ、しのげる、はずっ。




っで、

ふぅぅ

Isabella「あんたの身勝手さにはもうこりごりなのよ!!」みたいな感じでしょうか。

対チンギスハンでは、第一陣を退けたものの、その後Knightがどんどん補充されてきて。。。。Isabellaの参戦をもって、retire。
ここまで書いて(読んで)敗北かよ!しかも完敗。へこみますわ。


反省するなら。
 ・最初の都市に丘がなかった時点で、対策(奴隷制の積極活用か、開拓を急ぐか)を講じるべきだった
 ・全般的に開拓 and/or 造兵が遅れた
 ・研究が進むまで、改宗して極力戦争を回避するべきだった
 ・研究者をやとって、研究を加速するべきだった
 ・カノンラッシュのタイミングまで防衛に専念するべきだった
その他もろもろ。


難度Monarchで勝てるようになるには、まだプレイが足らないようですorz
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)